【保存版】PDFプロパティを簡単に削除する方法

2024.04.18

PDFファイルは業務で広く使用されていますが、そのメタデータやプロパティには様々な情報が含まれていることがあります。この記事では、PDFのプロパティを削除する方法を詳しく解説し、プライバシーの保護を保つための手順を紹介します。

PDFプロパティとは何か?


PDFプロパティには、ファイルの作成者、タイトル、作成日、修正日、使用されているフォントなどの情報が含まれます。これらの情報は、ファイルの識別や検索に役立ちますが、個人情報や内部情報が含まれている場合もあります。

PDFプロパティを削除する必要性

PDFファイルには、「プロパティ」と呼ばれる部分があります。これには、作成者の名前、ファイルの作成日、タイトルなどの情報が含まれていることが多いです。このプロパティ情報は、ファイルの管理や整理に役立つ一方で、いくつかの理由から削除することが推奨されます。

PDFプロパティを削除する方法

方法1: Adobe Acrobatを使用する

  1. PDFファイルをAdobe Acrobatで開きます。
  2. 「ファイル」メニューから「プロパティ」を選択します。
  3. 「説明」タブで、削除したい情報を編集または削除します。
  4. 変更を保存します。

※Adobe Acrobat Readerは閲覧専用ソフトのため、編集ができません。

方法2: オンラインツールを使用する

複数のオンラインツール(例えばSmallpdfやILovePDFなど)があります。これらのツールは無料で、登録なしで使用できます。

  1. オンラインツールのウェブサイトにアクセスします。
  2. PDFファイルをアップロードします。
  3. ツールの指示に従ってプロパティを削除します。

方法3: ソフトウェアを使用する(例:PDFelement)

  1. PDFelementのようなソフトウェアをインストールします。
  2. ソフトウェアを開き、PDFファイルを読み込みます。
  3. 「プロパティ」セクションを開き、不要な情報を削除します。

プロパティ削除後の注意点

削除した情報は元に戻せない場合があります。元のファイルのバックアップを取っておくことをお勧めします。
プロパティの削除が完了したら、ファイルを再度確認して、必要な情報が削除されていないか確認してください。

まとめ

PDFのプロパティを削除することは、情報のセキュリティを高めるとともに、ファイルをより整理された形で共有するために重要です。この記事で紹介した方法を活用し、安全かつ効率的なPDFの管理を実現しましょう。