Web制作会社にページ更新依頼する際のポイント 3選

Web制作会社にページ更新を依頼する際には、以下のポイントを押さえることで、スムーズかつ正確な対応が期待できます。

1.更新対象ページのURLを記載

更新したいページのURLを記載すれば、どのページを更新するのかが明確になり、迅速な対応が可能です。URLがない場合、制作担当者が該当ページを探し出すのに時間がかかり、対応が遅れてしまう可能性があります。

指示の例

更新対象:トップページ https://www.another-staff.ne.jp/
更新内容:1枚目のメイン画像を添付ファイルに差し替えてください。

更新依頼書のサンプルを見る

2.デジタル形式の指示書を使用

手書きの指示書は誤字や読み間違いの原因になるため、Wordなどのデータで指示書(原稿)を作成しましょう。デジタル形式の指示書は読みやすく、正確に伝わります。

【保存版】PDFプロパティを簡単に削除する方法

3.添付ファイルのプロパティ削除

ファイルのプロパティ情報(作成者の名前や会社名など)は、個人情報が含まれることがあるため、削除してから送信しましょう。これにより、個人情報の漏洩を防ぐことができます。

まとめ

Web制作会社とのコミュニケーションが円滑になり、更新作業が効率的に進みます。具体的で明確な指示とともに、セキュリティ面にも配慮した対応を心掛けましょう。