改ざん検知サービス

現在、JAグループでは、さらなるサイバーセキュリティ対応強化に向けて、グループを挙げて取り組んでいます。具体的には、すべてのホームページについて、速やかに改ざん検知を導入すること、稼動していないサイトは閉鎖する――などの対応を求めることとしています。

日本農業新聞「アナザー・スタッフ」は、全国農業協同組合中央会(JA全中)、農林中央金庫とも協議のうえ、綜合警備保障株式会社(ALSOK)と提携し、ホームページの改ざん検知サービスをご提供いたします。1日1回、ホームページを自動的に検査し、万一、改ざんを検知した場合は素早く警告メールを発信する仕組みです。

ALSOK ホームページ改ざん検知サービス

ALSOKの改ざん検知サービスは、株式会社日立システムズが提供する「GRED Web 改ざんチェック Cloud」がもとになっており、国内の企業で多数採用されています。

料金プラン

初期費用は無料で、各プランいずれも1日1回チェックを行います。

ページ数月額料金(税別)
40ページまで1,600円
80ページまで2,200円
160ページまで3,600円
240ページまで4,100円

お問い合わせ

※240ページ以上の月額料金についてはお問い合わせください

※年間契約です。途中解約の場合、ご返金いたしかねます。サービス開始月から年度末までの契約、一括のご請求です。上位プランへの乗り換えのみ契約変更が可能です。

Q&A

・改ざんされてしまった場合、どのような対応をするのですか。
⇒毎日深夜に自動保存しているホームページに関するバックアップファイル一式から復元の処理を行います。またサーバへのアクセスログなどを確認します。